任意整理から破産まで、債務整理に強い弁護士が代行致します。

債務整理の解決事例

任意整理による解決事例

任意整理で将来の利息のカット毎月の返済額を減らした事案

30代男性アルバイト

年齢・性別 30代男性
職 業 アルバイト
借 金 総 額 410万円
借 入 先 数 6社
ガールズバーにハマってしまい、合計6社から借り入れをしていたところ、気が付けば奨学金を合わせると410万円もの借金に膨れ上がっていました。
毎月の返済額は10万円以上にもなり、フリーターの私には苦しく自己破産も考えましたが、奨学金の保証人である父親にバレたくないので、どうすればいいか弁護士に相談しました。

弁護士からは、各業者ごとの個別交渉である任意整理という方法があることを教えてもらい、利息の高い業者や毎月の支払額の高い業者のみの任意整理を依頼することにしました。

任意整理では、今後の利息が発生しないようにしていただき、毎月の返済額も抑えていただいたことによって、給料の範囲内で返済ができるようになり、生活にも余裕ができました。

任意整理によってクレジットカードが使えなくなってしまいましたが、無駄遣いすることもなくなったと前向きに捉えています。

任意整理で長期の分割で返済することになり毎月の返済額を低く抑えた事案

40代男性アルバイト

年齢・性別 40代男性
職 業 会社員
借 金 総 額 900万円
借 入 先 数 5社
付き合いでの飲酒・飲食や生活費等で借り入れを始め、借金返済のための借り入れも加わり、借金の総額が900万円を超えるようになりました。
毎月の返済額が25万円に達するようになり、手取りの月収が40万円ほどありましたが、さすがに返済し続けるのが厳しくなっていきました。

しかし、勤務先の会社を通じてリースで使っている物があり、破産や個人再生をすると会社にばれることが避けられない状況でした。会社に借金があることがばれるのは、どうしても避けたかったため、家族とも話し合って、任意整理をすることに決めて、弁護士に相談をしました。

借金総額が多額なため、弁護士にも本当に任意整理で良いか何度も確認されましたが、毎月16万円余りの金額を返済に回せると約束して、任意整理を依頼しました。
弁護士に業者と交渉してもらった結果、通常は最多で60回分割の業者が多い中でさらに多数回の分割に応じてくれる業者もいて、14万円程度まで月々の返済額を抑えることができました。

完済するのはまだ先ですが、今後の利息も発生せず、追加で借り入れもできないため、返済の計画を立てることができ、今までの返済を続けていっても借金が減っていかないという絶望感から逃れることができました。

過払金返還請求による解決事例

3社から合計400万円の過払金を取り戻した事案

70代男性 無職

年齢・性別 70代男性
職 業 無職
借 金 総 額 完済済み
借 入 先 数 3社
会社員をしていた平成7~9年ころ、3社の大手消費者金融で相次いで借り入れを始め、それ以来、借り入れと返済を繰り返していました。
平成27年から平成28年にかけて、ようやく3社とも借金を完済することができ、少し前から気になっていた過払金というものが自分にも発生するかどうか、弁護士に相談に行ってみることにしました。
弁護士が調査をしてくれた結果、3社合計で450万円近い過払金があることが分かりました。
交渉してもらった結果、2社とは返還額を少し譲歩して和解し、160万円と120万円を取り戻すことができました。
もう1社とは折り合いがつかず、弁護士に裁判を提起してもらいましたが、裁判所で120万円が戻ってくる内容の和解をすることができました。
こんなにお金が戻ってくるとは思っていなかったので、長い間、真面目に返済していたことが報われた気持ちでいっぱいです。

個人再生手続による解決事例

小規模個人再生を行って借金を5分の1に減額した事案

30代男性 会社員

年齢・性別 30代男性
職 業 会社員(不動産会社勤務)
借 金 総 額 800万円
借 入 先 数 7社
不動産会社の営業をしていて、営業成績が良かったころに歩合で給与額が増え、キャバクラなどでの飲食でお金を使うのがクセのようになっていました。そして、銀行や消費者金融から借金をするようになりました。営業成績が悪い時には、返済するためのお金も借りていたので、あっという間に借金が膨らんで7社から合計800万円も借金をしている状態になり、借金を完済する目途が立たなくなりました。
宅建士の資格を持って仕事をしており、破産をすると資格が停止になることから、破産以外の手段を取りたいと思って、どのような手段があるか弁護士に相談しました。
相談した結果、小規模個人再生手続を行うのが一番良いということになり、弁護士に依頼して手続きを進めました。
弁護士を通じて、裁判所に小規模個人再生の申立てを行い、裁判所の認可を得て、借金の総額の5分の1である約160万円を3年間かけて弁済すればいいことになりました。
これで、無理なく月々の弁済を行い、借金を無くす目途を立てることができました。

自己破産手続による解決事例

自宅を売却した後、同時廃止手続で破産申立をした事案

30代男性営業職の会社員

年齢・性別 30代男性
職 業 営業職の会社員
借 金 総 額 500万円
借 入 先 数 8社
転職をしたことから残業が無くなり収入が減ったにもかかわらず、毎月の支出を見直すことなく生活をしていたため、いつの間にか借金が膨れ上がっていました。その結果、住宅ローンを支払うことができなくなり、自宅を売却することになりました。自宅を売却しましたが、ほとんどローン額と同額でしか売れなかったため、売却益で他の借金を返すことができませんでした。そこで、数十万だけ残った自宅の売却益を弁護士費用に充てて、破産を申立てました。
自宅を売却できた段階で直ぐに破産申立を行い、同時廃止手続という簡易な手続で破産が認められました。借金が無くなり、1からスタートしてくことができました。

浪費による500万円の借金を同時廃止手続で破産申立てをして整理した事案

50代男性会社員

年齢・性別 30代男性
職 業 会社員
借 金 総 額 500万円
借 入 先 数 7社
勤務先で職種が変わったことや家庭での居場所の無さなどにより、ストレスがたまり、同僚や友人と気晴らしにキャバクラに通ううちに、すっかりのめり込んでしまい、週に何回も通うようになってしまいました。貯金が尽きてからは借金をしてまでキャバクラに通うようになり、月に何十万円も使うこともありました。最終的に、借金の金額は約500万円にもなってしまいました。

月々の返済額が大きくなり、家族にもキャバクラ通いがばれたため、キャバクラ通いを辞めて夜にアルバイトを掛け持ちし、なんとか返済していました。しかし、残業が少なかったりして収入が少ないと、返済のために借り入れをしなければならないほどであり、返済が滞ったため、弁護士に相談をしました。

収入に比べて借金の金額も大きかったので、自己破産をすることに決めましたが、借金がほとんど浪費によるものであったため、弁護士からは、破産管財人が選任されて破産を認めるかどうか厳しく審査されるかもしれないといわれました。

しかし、破産申立ての準備期間に、まじめに家計管理をして、無駄遣いをなくすとともに、今後同じような浪費をしないようにするために反省を深め、申立て時には反省文を裁判所に提出するなどした結果、破産管財人が付されない同時廃止手続で破産をすることが認められました。
これからは、二度とこのようなことにならないように、節約した生活をしていこうと思っています。

その他の解決事例

職場への督促の電話を即座にストップさせた事案

30代会社員

年齢・性別 30代男性
職 業 会社員
借 金 総 額 210万円
借 入 先 数 3社
以前、消費者金融やカードローンから借金があり滞納をしていましたが、5年以上督促がありませんでした。私もすっかり忘れてしまっていましたが、ある日突然職場に督促の電話がかかってきました。なんとか職場ではごまかすことができましたが、今後も電話がかかってくると職場に隠しきれず、辞めざるを得ない状況になってしまうことに不安になりました。
そこで、弁護士に依頼し、業者との交渉をお任せすることにしました。
弁護士に調査してもらった結果、いずれの借金も時効により返済する義務が無くなっているとのことでした。そして、借金が無くなったという証明書を業者に発行してもらうこともできました。聞くところによると、時効になってしまっていても、時効の援用をするまで業者が督促することに問題なく、もし私が支払ってしまっていれば、時効の援用をすることはできなくなってしまっていたそうです。自分で作った借金ではありますが、丁度結婚を考えていましたので、生活に影響が出なくなったことは正直ほっとしています。

投稿日:2019年3月16日 更新日:

Copyright© 滋賀の債務整理に強い弁護士「滋賀バディ法律事務所」は相談無料! , 2020 AllRights Reserved.